神戸三宮トランポリンフィットネス|ユニバーサルジャンピング

神戸三宮トランポリンフィットネス|ユニバーサルジャンピング

トランポリンフィットネスとは

トランポリンとは

トランポリンの歴史は古く、イヌイットがトランポリンのような遊びをしていたことが記録されています。ヨーロッパでも、沢山の人が丈夫な布の端を持ち、その中心でジャンプを楽しむようなことはされていたようです。以降、サーカスやコメディの演目としても用いられ、日本でもそのような使われ方をされる期間が長く続きました。

現代のトランポリンは、1936年にアメリカのジョージ・ニッセンとラリー・グリスウォルドによって作られたと言われています。ジョージ・ニッセンは体操競技や飛び込みの選手で、ラリー・グリスウォルドは曲芸士だったそうです。1930年代に「トランポリン」という名前を商標登録し、1942年にはトランポリンの会社を起業しています。1964年に競技トランポリンの世界大会がロンドンで行われ、それと前後して運動やスポーツとしてのトランポリンが認知されるようになったそうです。

日本では前述のジョージ・ニッセンの会社と提携していたセノー株式会社がトランポリンの製造販売を行っており、1960年に商標登録を行っています。2000年に開催されたオリンピックシドニー大会ではトランポリンが体操の正式種目となっており、国内では大学生を中心に競技人口を増やしています。

トランポリンの効果

トランポリンを使った運動には様々な効果が期待されていますが、その中でも「運動神経向上」「バランス能力の開発」「重心の安定化」「背筋力アップ(体幹トレーニング)による正しい姿勢の育成」「心肺機能や持久力の向上」が挙げられます。また、膝や腰への負担が少ないのが特徴です。手軽に有酸素運動を行うことが出来、運動が苦手な方にも始めやすいエクササイズのひとつです。

体操や飛び込みだけでなく、スキーのエアリアル競技やスノーボード、フィギュアスケート、バレーボールなどでトレーニングに用いられており、その効果は多くのトップアスリートによって証明されています。

ユニバーサルジャンピングのトランポリンフィットネス

トランポリンフィットネスとは

楽しい音楽を聞きながら、トランポリン上でジャンプすることで、健康維持や運動神経の向上に働きかけるべく、気軽に始められるトランポリンを使ったエクササイズが「トランポリンフィットネス」です。

ユニバーサルジャンピングの特長

ユニバーサルジャンピングのプログラムでは、ミニトランポリンの上で3,000回も飛んだり跳ねたりします。普通に考えると辛いトレーニングですが、クラブサウンドが大音量で流れる中でのジャンプなので、あっというまにプログラムは終わります。短時間で効果の高い有酸素運動や体幹トレーニングを行うことが可能なのです。

飛んだり跳ねたりしながら、楽しくできるトランポリンフィットネスを一緒に始めてみませんか?

暗闇で行うトランポリンフィットネスのメリット
  • 1:人目を気にせずエクササイズ
    明るいのはインストラクターのいるステージだけ。人から見られる心配がないから、自分のペースで頑張れます。
  • 2:クラブにいるような非日常空間
    大音量の音楽と多彩な照明の演習が非日常の空間を創りだします。楽しみながらエクササイズできます。
  • 3:ジョギングの1.7倍の運動効率
    インストラクターがみなさんを激しく楽しい時間へと導きます。体幹トレーニングと有酸素運動で効果的にカロリーを消費します。まさに、時短トレーニング!
  • 4:日常生活にはない3,000回のジャンピング!
    トランポリンフィットネスは1レッスン(45分間)で約3,000回ジャンプします。血流を良くし、新陳代謝を促し、気持ちいい汗をたくさんかけます。
  • 5:膝と腰への負担が少ない
    床の上での運動と違い、トランポリンは膝や腰への負担が大幅に軽減します。久しぶりに運動を始める方でも安心!初心者の方からしっかりと運動したい方まで、選べる5種類のプログラムを用意しています。